新建新聞社からのお知らせ  [ セミナー ]

【受付終了】土木インフラ維持補修セミナー/砂防・災害対応編

12月2日 松筑建設会館(松本市)で開催

※本セミナーの参加受付は終了致しました。多数のお申し込みありがとうございました。

◆◆◆CPDS 8ユニット◆◆◆
◆◆◆建設コンCPD 7単位◆◆◆
◆◆◆測量系CPD ※申請中◆◆◆

 新建新聞社は12月2日(水)、松本市の松筑建設会館3階大会議室において、建設実務者向けスキルアップセミナー『土木インフラ維持補修セミナー/砂防・災害対応編』を開催いたします。

 今回は、土木構造物『砂防施設』の維持補修をテーマに掲げ、同構造物のメンテナンスサイクル実現に向けた取り組みの実態と補修等に関わる施工技術の最前線を学ぶとともに、近年多発する自然災害による土砂災害などの外的要因に対する既存構造物の防災機能、発生時の初動調査・応急対策について、各専門分野の講師から解説していただきます。

 道路管理者の方、現場に携わる実務者の方に是非お聞きいただきたい内容です。師走の大変お忙しい時期と重なりますが、ご検討いただきお越しいただくことを心よりお待ちしております。

~スタッフ一同~

==お申込はコチラ↓====
http://www.shinken-news.jp/seminar/

●●●開催概要●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【開催日】 2015年12月2日(水)9:00~17:30(受付開始8:30)
【会  場】 松筑建設会館 3階大会議室
       (松本市島立996 TEL 0263-47-1122 )
【定  員】 140名 (最小開催人数:90名)
【受講料】 ◎一般価格 税込10,000円 ◎読者価格 税込 8,000円
        ※テキスト・昼食代込み
        ※読者価格対象:新建新聞・新建JOHO
【申込締切】2015年11月26日(木)17:00まで
【その他】 ●土木施工管理CPDS8ユニット●建設コンCPD 7単位●測量系CPD認定講習※申請中
※受講証明書はお申込後の『受付票』に詳しく記載
【主  催】 新建新聞社
【共  催】 (一社)建設コンサルタンツ協会 ※予定
【後  援】 国土交通省 中部地方整備局、長野県、(一社)長野県建設業協会、長野県土木施工管理技士会、 (一社)長野県測量設計業協会 ※予定
【事 務 局】 セミナー事務局(新建新聞社内)/担当:荒井、新保
        TEL 026-234-2900  FAX 026-235-8386

●●●プログラム●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
Session1
『既存砂防堰堤の補強設計・補修事例及び梨子沢災害について』
講師/国土交通省 中部地方整備局 多治見砂防国道事務所
    工務第一課長  森 敦史 氏
――――――――――――――――――――――――――――――
Session2
『砂防設備 維持補修の現状と課題』
講師/長野県 木曽建設事務所 
    所長  塩入 信一 氏
――――――――――――――――――――――――――――――
Session3
『長野県神城断層地震により発生した土砂災害の応急対応について』
講師/長野県 姫川砂防事務所
    砂防課長  清水 貞良 氏
――――――――――――――――――――――――――――――
Session4
『火山噴火に伴う土砂災害対策と火山防災計画の最新動向』
講師/日本工営 株式会社 国土保全事業部
    副技師長  飯沼 達夫 氏
――――――――――――――――――――――――――――――
Session5
『地震災害・新潟中越地震における河道閉塞対応での事例』
講師/朝日航洋 株式会社 北陸空情支社
    理事  本臼  茂  氏
――――――――――――――――――――――――――――――
==お申込方法等は[詳しくはこちら]にアクセス====

関連記事

前へ戻る

広告バナー