新建新聞社からのお知らせ  [ セミナー ]

【セミナー】巨大地震から考える建築・住宅のミライ(建築系)

当代きっての講師陣を迎え、長野県の防災・減災を考える

レジリエンスNAGANO キャンペーン企画
「地力」を高める4時間50分!

 日本列島のなかでも、長野県はとくに自然災害が多発します。政府の地震調査委員会によると、糸魚川―静岡構造線断層帯の中北部は、今後30年以内にM7.6程度の地震が起きる確率が最大30%。内陸部の活断層帯で最も高い数値となっています。
 安全な建築・住宅づくりは県民生活を守る基本中の基本です。

 本セミナーでは、各分野の識者を招き、最先端の知見や論考を、長野県の建築士や工務店・建設会社の皆様と共有したいと考えております。大変有益な情報が満載です。是非ともご参加ください。

~講演要旨・プログラム、お申込み方法等の詳細はセミナー専用サイト[詳しくはこちら]から~

■開催概要

 日 時  2016年8月29日(月) 12:50~17:40
       (受付開始12:20)
 会 場  長野バスターミナル会館・国際ホール(長野市)
 駐車場  会場施設南側立体駐車場(2H無料チケット配布)
 主 催  新建新聞社
 後 援  (一社)長野県建築士会
 定 員  120名 ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
 参加費  一般:10,000円(税込)、購読者(※1):7,000円(税込)
       後援団体価格 5,400円(税込)※所属会員特別価格

       ※購読媒体:新建新聞、新建JOHO、新建ハウジング
 講師陣 
 ●大塚 勉氏(信州大学全学教育機構 教授/地質学)
 ●五十田博氏(京都大学生存圏研究所 教授/工学)
 ●森山高志氏(CRA取締役 建築エコノミスト)
 
~開催概要、プログラム・講演要旨、お申込み等はセミナー専用サイト[詳しくはこちら]から~

関連記事

前へ戻る

広告バナー